グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > CLOSEUPS > 小島万由子さん

小島万由子さん



タッチフットボール部(NITRO HAWKS:ニトロホークス)の紹介
タッチフットボール部(NITRO HAWKS:ニトロホークス)副部長/外国語学部 日本語学科 小島万由子さん

「タッチフットボール」をご存じですか?
初めて聞く…という方も多いかもしれません。
まだ知名度があまり高くなく、活動人口も少ないスポーツですが、知って見ると、とても魅力的で、楽しいスポーツです。

名古屋外国語大学には、東海地方の大学で唯一のタッチフットボール部(NITRO HAWKS:ニトロホークス)があります。レディース部門では、毎年春の全国大会(Sugar Bowl)に東海枠として出場し、活躍しています。
副部長を務める、外国語学部 日本語学科 3年の小島万由子さんに、タッチフットボールについて紹介していただきました。

タッチフットボールとは

はじめに、タッチフットと聞いてもどんなスポーツか知らない方が多いと思います。私自身大学に入ってから今までで、いろんな人にタッチフットと答える機会がありましたが、たいてい「???」となることばかりでした。今回、とても貴重な機会をいただきましたので、ぜひこの記事を通して少しでも多くの方にタッチフットについて知っていただけたらと思います。

タッチフットボールとは、アメリカンフットボールから派生したスポーツです。ボールを持っている人をタックルして倒す代わりに、両手でタッチすることでタックルと見なすルールから、 「タッチフットボール(タッチフット)」と呼ばれています。
詳しいルールなどについては以下をご覧ください。
http://www.jtfa-east.com/touch/t0203.html

そして、「いつでも、どこでも、だれとでも、いつまでも」を理念に掲げており、老若男女問わず誰でも楽しめるスポーツです。オープン(男子)、レディース、ミックス(男女混合)と三部門で試合が行われています。

タッチフットボールの魅力

タッチフットボールはとてもやりがいのあるスポーツです。新しいスポーツということもあり、始めてからは常に学ぶことの連続で向上が果てず、やればやるほどタッチフットにはまっていくと思います。そして何よりも楽しい!タッチフットでは、試合の勝ち負けももちろん重要ですが、自分達の考えたプレーが成功したときの喜びはとても大きいです。

それに加えて交流の幅も広がります。全国各地で交流イベントが多数あり、地域・学生・社会人の枠を越えて全員で楽しむことが出来ます。私自身、イベントに参加する度に、タッチフットの楽しさはもちろん周りの人たちの人柄の良さに触れ、本当にタッチフットをやっていて良かったと感じます。タッチフットをやっている人たちはみんな良い人だと断言出来るくらい、今まで出会った人みんなに魅かれています。全国大会で理事長が「タッチフットボールは競技者全員で一つのサークル」とおっしゃるように、自らのチームだけでなく、全国のタッチフットボールに関わる人々とつながることが出来ます。

タッチフットボールとの出会い

私が、タッチフットボールと出会ったのは、大学一年生の春でした。
入学前から大学に入ったらなにか新しいことを始めたいと考えており、サークル・部活を検討している時にタッチフット部の存在を知りました。
見学1回、体験1回を通して、元々球技が好きなのもありますが、面白そうなスポーツだなと興味を持ち、もっとタッチフットをやってみたいと思い入部しようと決めました。
そして、何よりも入部の決め手となったのが部員である先輩方の人柄でした。体験の際に、皆さんがとても優しく接してくださり、チームの和気藹々とした雰囲気に惹かれました。「みんな家族みたい。」当時チームについて質問した時に先輩から返ってきた一言は今でも覚えています。

外大タッチフット部について

外大タッチフット部(NITRO HAWKS:ニトロホークス)は、1998年に創部されました。週に3回、本学のグラウンドで練習しています。過去には、オープン(男子)部門で全国大会を制覇するなどの成果を上げています。また、レディース部門では毎年春の全国大会に東海枠として出場しています。現在の部員数は男子8人・女子9人・マネージャー3人と決して多くはないですが、男女共に春季・秋季に行われる公式試合に向けて、日々練習に励んでいます。また、東海の大学でタッチフット部が存在するのは、本学が唯一です。

レディース部門では、毎年春の全国大会(Sugar Bowl)に出場しています

さらに、各地で行われる交流イベントにも積極的に参加しています。
全国のタッチフットプレイヤーの方々との交流はとても新鮮で学ぶことが多く、いつも良い刺激をもらっています。

男女共通のイベントとしては、秋に行われる合同合宿、OB・OG・現役が集い試合を行うNITRO CUPなどが挙げられ、一年を通してイベント盛りだくさんです。

卒業された方も現役のみんなもニトロ無しでは大学生活を語れません。それだけ打ち込むことが出来る部活です。
素敵な先輩方の伝統を受け継いで、年々躍進出来るよう頑張っています。

外大タッチフット部(NITRO HAWKS:ニトロホークス)のFacebookも是非ご覧ください。

冬季全国大会(男子)の模様です

タッチフットの現状

タッチフットボールは、まだまだマイナーで活動人口が少ないスポーツです。
もっともっと多くの人にタッチフットの事を知ってほしい。やってみたら、入部してみたら、絶対絶対楽しいのに!そんな気持ちを日々抱えています。今回の記事で一人でもタッチフットに興味を持つ人が増えたら嬉しいです。

少しでも興味を持って下さった方がいましたら、ぜひお声かけください。
いつでもグラウンドで待っています。みんなでタッチフットを楽しみましょう!!

活動の詳細

活動日 火曜日(自主練)・木曜日・土曜日
活動時間 平日:17時00分~20時00分│土曜:10時00分~13時00分
長期休暇中:9時00分~12時00分(全曜日共通)
活動場所 火曜日:第二グラウンド、木曜日:第一グラウンド