グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > CLOSEUPS > 2013年度入学式

2013年度入学式



2013年度名古屋外国語大学・大学院入学式
2013年4月1日(月)、本学体育館アリーナにおいて入学式が挙行され、大学院16名、編入学9名、外国語学部593名、現代国際学部369名、合わせて987名が晴れて入学を許可されました。

桜満開、麗らかな入学式日和

クラブ・サークル紹介を受けながら式場へ

やわらかな日差しが降りそそぎキャンパスの桜が満開となった2013年4月1日(月)、本学体育館アリーナにおいて入学式が挙行され、大学院16名、編入学9名、外国語学部593名、現代国際学部369名、合わせて987名が晴れて入学を許可され、大きな希望を胸に新たな一歩を踏み出しました。

同日付けで就任した亀山郁夫学長は告辞で「人は生きる糧を得るために学ぶ、人は生きる喜びを確認するために日々生きている。素直な心で外国語や日本語を学び、世界と日本の文化に親しみ、世界と日本社会の現実を知り、生きて、ここにある喜びを経験してもらいたい」と語り、新入生を激励しました。

新島有佳(大学院総代)及び伊藤瑶梨(学部総代)の力強い宣誓に続き、各学科及び留学生の代表が、それぞれの専攻言語(英語、フランス語、中国語及び日本語)によるウェルカムスピーチで新入生を歓迎しました。

最後に吹奏楽クラブ「ウィンドオーケストラ」の演奏、アカペラサークル「ラボワ」の歌唱リードにより校歌を斉唱し、厳粛の中にも晴れやかなうちに閉式を迎えました。

4月1日 入学式における亀山学長の告示

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。